日経平均は前日比プラス36円となり、節目の価格帯でなんとか踏みとどまっています。

10月10日

この節目を維持できなかった場合は一気に下落してしまうので、今週はこの節目の攻防戦になりそうです。

マツタケ業者は終了?

ストップ高銘柄ですが、多木化学(4025)が3連続でストップ高に張り付いています。

多木化学

多木化学 歩み値


マツタケの近縁種である「バカマツタケ」の人工栽培に成功したらしいのですが、ここ株価でここまで買われるとは…。お金持ちはやることが違いますね!

今後は天然のマツタケなのか人工栽培のマツタケなのかで卸売り価格が変わり、スーパーに並ぶ時にも値段が変わるのかもしれません。

もしも天然と人工栽培種で値段が変わらなかった場合、いまマツタケを採集している人たちは売り上げが激減することになります。
マツタケ農家の方は多木化学の株を買ってリスクヘッジした方が良さそうです。
天然マツタケからの収入が下がっても、多木化学の株価はマツタケ価格に反比例して上昇することになるので。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから