昨日暴落した日経平均は前日比プラス103円と少し回復しました。
”昨日買った人は大勝利”とまではいきませんが、昨日の終値より値上がりした銘柄が多かったみたいです。

10月12日

まだ移動平均線よりも下を維持していますし、アメリカ株は微妙なところで停滞しています。
新聞では今回の暴落の原因についていろいろ解説していましたが、これも結局は後付けの理由に過ぎません。
個人投資家は暴落前に予兆を察知して保有株を売ったり減らしたりできなければなりませんし、暴落が起こった時もすぐに”行動”を起せなければ意味がないです。

今回の暴落を機に、
  • 暴落時にどうのように行動すべきだったのか?
  • 暴落の予兆を捉えることはできなかったのか?
を検証する必要がありますね。

今日のストップ高銘柄

ストップ高

 暴落の翌日ですが、ストップ高銘柄がたくさんあります。
昨日の終値から上昇しただけなので恩恵を受けた人は少ないと思いますが、今後の暴落時の参考になりそうです。

ストップ安銘柄は最近連日ストップ高まで買われていた多木化学のみ。



この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから