昨日書いた通り、トレンドが順調に下落して今日は前日比マイナス822円と大幅に下がりました。

10月25日


過去6カ月間のチャートを振り返ると、この半年では最安値になりました。
6カ月チャート

1年チャートでは、まだ3月末の水準までは落ちていませんね。
1年間

2万1000円、もしくは2万円まで下落すれば一旦の節目となり反転上昇する可能性もあります。
ですが、あまり景気のいい話は聞きませんし、アメリカの利上げやヨーロッパの政情不安、原油産出国(サウジアラビア)のニュースなどを見る限りだと好材料が全然ありません。

VIXショック(2月)のときみたいに「これが原因で株価が下がった」という明確な理由付けも出来ていませんし、今度こそアベノミクスが終了してズルズルと下がっていくのかな?という感じもします。

これから5年間は下落相場になると覚悟して、いまのうちに利益が出ているものは一旦利確。
5年後の上昇相場に備えて勉強と貯金を頑張るのが賢明な気がします。

今日はセリングクライマックスなのか?

仮に下落トレンドの合図ではなく、これから反転上昇するための最後の大きな下落(セリングクライマックス)だと仮定した場合はどうなるのでしょうか。

セリクラだった場合は今日買い向かった人たちは、明日以降、来週にかけてウハウハな状態になりますね。
「まだセリングクライマックスではない」という意見もありますが、どうなることやら・・・。



年初来安値

セリングクライマックスの参考になるかはわかりませんが、ストップ安までいかなくても年初来安値更新銘柄はたくさんあります。

年初来安値

東証1部だけ、しかもスクロールできるうちのごく一部だけでこの数↑です。

こんなときでも年初来高値を更新していくバケモノもありますが、こういう銘柄の共通点を見つけることができれば下落相場でも利益が出せるかもしれません。

年初来高値


今日のアメリカ株、そして明日の展開も要チェックです。


この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから