方向感のないまま、今日は前日比プラス140円となりました。
日足チャートを見ると細かい幅で上下しており、どちらに振れるのかわかりません。

 11月19日

個別で見るとストップ高銘柄が増えてきてストップ安銘柄の数が減ってきているので、地合いは回復しているんだと思われます。
マザーズ指数も10月の暴落から半値戻しの水準まで戻していますし、年末の”祭”に向けた準備が着々と進んでいるようにも見えます。

ライザップは取引再開

赤字決算の発表で連続ストップ安になっていたライザップですが、今日は値段が付いて取引が正常化しました。

ライザップ

決算の発表前から下落トレンドだったので、蓋をあけてみればそれほど下がっていませんでしたね。
もっと下がるかと思ってました。

いまの株価が適正なのかはわかりませんが、過熱した株価はいずれは適正な株価まで修正されます。
アップルもそうでしたし、他にもたくさんの事例があるはずです。

同様にまだ評価されていない割安な銘柄も、いずれは評価されて適正な株価まで上がります。
過熱した銘柄よりも、そういった「まだ評価されていない素晴らしい銘柄」を買いたいですね。



この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから