昨日のザラ場が引けたあと、先物価格が急落したので今日はもうダメかと思っていましたが、意外と持ち直して日経平均は前日比プラス177円となりました。

12月7日

2万1,500円には強力な”壁”があるみたいで、誰かが買い支えてくれているようです。
その買い支えがいつまで続くのか?確実に機能するのか?は不明ですが、不安定ながら安心感がありますね。


今日のストップ高銘柄は目ぼしいものがなかったのですが、値下がり率上位には最近ストップ高に入っていた銘柄がよく見られました。
値下がり

年末相場は閑散とするのが普通らしいのですが、今年はヘッジファンドの利益があまり出ていないそうなので、最後の最後まで取引が活況になる可能性があります。
お正月をニコニコして迎えられるように、着実に利益を積み上げていきたいですね。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
【年末恒例】株式投資の「節税売り」の方法と節税売りが出やすい銘柄

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから