先週末の動きから今日も続落するだろうと思っていましたが、素人の予想が当たるはずもなく、また予定調和の暴落も起こるはずがなく、今日は前日比プラス132円で終了しました。

12月17日

瞬間的には短期移動平均線が中期移動平均線を上に抜けていく「ゴールデンクロス」が発生しそうな状況です。
ここから上昇しそうな感じもありますね。

しかし今日の個別銘柄を見てみると、値上がりしたものよりも値下がりした銘柄の方が数が多い印象でした。
それに日経平均の日中足チャートをみるとチャート職人の影がチラついており、日経平均株価への寄与度が大きい銘柄だけが買われたり、大型優良銘柄だけが買われたような感じがします。
 景気後退を懸念して、倒産リスクの少ない銘柄に資金が集中しているのでしょうか。

マザーズも今日は死んでおり、年末IPO祭の様子は微塵も感じられません。

マザーズ

機関投資家たちもクリスマス休暇に入っているのか?閑散相場の中、指数だけがメチャクチャに動かされているような感じがしました。

今週は四季報の情報を元にして売買が活発化するはずだったのですが、アベノミクス終了で個人投資家たちの投資意欲は削がれており、四季報を開くことさえしない方も多そうです。
私はまだ下落相場を知りませんが、数カ月~数年はこのような状況が続くのかもしれません。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
【年末恒例】株式投資の「節税売り」の方法と節税売りが出やすい銘柄

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから