今年の2月、3月レベルの大規模な下落となりました。
10月の暴落が可愛く見えるレベルです。

12月20日

日経平均は一時は前日比マイナス700円にも到達。
終値では前日比マイナス595円。

マザーズは前日比マイナス5.4%。

マザーズ

日経暴落

唯一難を逃れられたのは、原油安の恩恵を受けている電気・ガス業界くらいでした。

業種別



市場からは阿鼻叫喚が聞こえてきます。



防衛ラインは後退?

これまでの日本株は日銀やGPIF(年金)による”買い支え”による不自然な相場が形成されていました。
日経平均2万1000円あたりを節目に強固な【壁】があったのですが、完全に決壊。
もしかしたら防衛ラインを2万円まで引き下げてきたのかもしれません。


アベノミクス成功を印象付けるための【株高の演出】は失敗に終わりました。
これから”本来の株価”に向かって逆回転を始めます。
逆回転が終わったころに生き残っていられるかどうか・・・。


日経平均は今年2月~3月の水準まで後退。
当時の暴落の様子はこちらの記事へどうぞ。

この時期に読んでおきたい注目記事

忘年会・新年会シーズンの裏ワザ!大勢で食事をして飲食代を節約する方法(幹事に有利)
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
【年末恒例】株式投資の「節税売り」の方法と節税売りが出やすい銘柄

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから