大納会の日本株は細かく上下し、前日比マイナス62円で終了しました。
大型株では前日比プラスの銘柄が多くて、小型株の下落で平均株価が下がった印象です。

12月28日

 5日移動平均線よりも上をキープしていますが、果たしてこれがいつまで続くのかは分かりません。
世界全体では景気後退の信号が出始めており、中国の自動車生産台数や従業員解雇数、アメリカの貿易戦争の行方、原油価格下落など不安材料が目白押しです。

トレンドも右肩下がりを維持しており、現在の相場環境は急落からの一時的な上昇にすぎないように感じます。
個人投資家たちの資金は傷つき心理面でも冷え込んでいますが、どちらに転ぶにせよ、自分は自分の投資方針を守りながらコツコツと取引し続けるしかありません。



今年は今日で取引終了ですが、新年の大発会まで一週間ほど時間があります。
私はこの休み期間に2018年の取引を今一度振り返り、
  • どんな取引で利益が出せたのか?
  • どの取引が良くなかったのか?また、悪い取引を再発させないためには何をすればいいのか?
といったことを検証してみます。

検証することで自分の取引のクセが分かることがあるので、時間がある方はぜひ取り組んでみてください。

また、おかげさまで今年は一年間ブログを続けることができました。
弱小ブログではありますが、いつも訪問してくださる方々には感謝申し上げます。

来年も時間が許す限り続けたいと思っておりますので、2019年もどうぞよろしくお願いいたします。


キャプチャ



この時期に読んでおきたい注目記事

忘年会・新年会シーズンの裏ワザ!大勢で食事をして飲食代を節約する方法(幹事に有利)
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
【年末恒例】株式投資の「節税売り」の方法と節税売りが出やすい銘柄

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから