日経平均は前日比マイナス112円となり、移動平均線に沿う形で揉み合っています。

1月16日

個別銘柄で見ると、決算発表により上がる銘柄・下がる銘柄がありますが、おおむね調子が良さそうにも見えます。配当金を増やす企業もあり、業種によって明暗分かれている感じです。
不動産なんかは明確な売り目線ですが、その他の業種では買っても良さそうなのがチラホラ見つかります。

ブレグジットには無反応

さて先週から気になっていたイギリスのEU離脱についてですが、EU離脱協定案が大差で否決されました。これを受けての日本株式市場の反応は薄い…というか無反応な感じです。




元々ヨーロッパ経済のことを気にしている人は少なかったのかもしれません。
もし本当に気にしているのであれば先週の段階で買い渋りが顕著になるだろうし、結果が出た当日の反応としては妥当なのかもしれませんが…。

為替もポンド円、ドル円ともに動きがありませんし、FXトレーダーには旨みのないニュースになりましたね。

為替

今回のことで「市場はすでにイギリスのEU離脱を織り込み済み」ということが分かったので、サプライズが起こらない限りは為替も相場も急変しないだろうな、という感想を抱きました。
EU以外となると、あとは米中貿易戦争。この戦争の行方が今後の相場に影響を与えそうです。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
証券会社の人が絶対に教えてくれない『不都合な真実』

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから