日経平均は短期移動平均線を割って安く寄り付きましたが、前場上げて後場で垂れる…という一日になりました。
前日比マイナス29円。

1月23日

陽線ですが昨日よりも指数は安くなっており、また終値では短期移動平均線を維持しているものの勢い的には弱さを感じられるようになり、年初から急ピッチで進んでいた上昇が一旦終了しそうな雰囲気になっています。

昨日は売買代金が1兆7000億円と今年最低になりました。今日は昨日よりもマシですが、東証1部で2兆円以下。薄商いが続いています。
弱気の市場参加者が多くて積極的に買い向かう人が少ないため、株価も上がりにくそうです。

売買代金


岡三マンが凍結

ザラ場のニュースとしては、相場のニュースを最速で配信していた「岡三マン」のツイッターアカウントが凍結されたということで話題になっています。


ヤフーニュースやブルームバーグでも取り上げられており、いかに偉大な存在であるか思い知らされました。「岡三マンのツイートを自動取引のAIに読み込ませているヘッジファンドがパニックになっている」という謎の情報も出ており、これならヤフーニュースに載るのも当然かな…、という感じです。


岡三マンについては謎が多いですが、こちらの記事が興味深いです。
執筆数のバランスを考えると4人執筆の可能性が高いか。一人がメインで頑張っているとすると3人の可能性があります。
さすがに1人で運営するのは難しいと思っていましたが、データ解析すると色々なことがわかって面白いですね。

日銀は現状維持

今日は日銀の金融政策決定会合が発表される日でしたが、アベノミクスの金融緩和をどこで引き締めなおすのか?という出口戦略については一言も触れられていませんでした。
今後も安定的に
  • 年間6兆円規模のETF
  • 年間900億円のREIT
を市場から買う方針のようです。

金融政策の内容や出口戦略の予想については下記ページをご参考に。
 

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
証券会社の人が絶対に教えてくれない『不都合な真実』

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから