今日の日本株は先週末比プラス102円と健闘。
終値で見れば年初来高値を更新し、2万1528円にまで達しました。

2月25日

短期移動平均線に沿って綺麗に上昇しており、よほどの悪材料が出ない限りは上昇トレンドが継続しそうです。
大きく下がったとしても移動平均線を割れない限りは押し目買いのチャンスとみなされるため買いが入り、なおかつ空売りしている人の損切りも入りますので、しばらくは強気相場が続くのではないかと思います。

懸念材料としては
  • 売買代金が少ないこと(東証一部で2兆円以下)
  • 米中貿易戦争の行方
  • 中国、欧州の経済状況
などがありますが、強気相場の時はそんな懸念材料はみんな忘れてしまいます。

いまは懐疑の中で相場が育っている状況なので、全員が強気になって株を買うようになるまでは上昇が継続すると考えられます。

春のバイオ祭

サンバイオショックの衝撃も冷めやらぬうちに、春のバイオ祭が開催されているようです。
まだ春には早いので前夜祭とも言えますが、一部の新興バイオ銘柄を筆頭に株高を牽引しています。
バイオ株やゲーム株は業績が伴わないうちから”夢”だけで株高が演出される傾向にあるため注意が必要ですが、値動きが大きいのでデイトレーダーさんは参加してみても良いかもしれません。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
長期間持ち続けられる高配当株の6つの特徴と選び方。配当額だけで選ぶと後悔するかも

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから