日経平均は前日比マイナス78円となり、短期移動平均線の攻防戦にはギリギリのところで勝利しました。

2月26日

今後も上げ相場が継続すると想定した場合は買いチャンスですが、今日は悪材料が1つ飛び出したので後場からガクッと下落しています。
理由は、インドの地政学リスクが報道されたからです。

両国とも核兵器の保有国であり、核ボタンをポチッみたいなことになれば大惨事です。
血で血を洗う戦争になれば、アメリカやロシア・中国といった大国同士の代理戦争にまで発展する可能性も捨てきれず、大惨事ならぬ第三次世界大戦の引き金になることだってありえます。

後場の動きを見る限りでは「インド?戦争?余裕余裕(笑)」みたいな雰囲気ですが、インドもパキスタンも「やられたらやり返す!」という立場をとっている国です。報復合戦になった場合は日本経済にも無視できないような影響が出るかもしれません。

とりあえず続報待ちをするとともに、今夜のアメリカ株などに注目したいと思います。
それから核戦争になった場合には何が売れるかな?と考えるのも重要ですね。

バイオ祭りが継続

 今年はバイオ銘柄の盛り上がる年ですが、今日はなんと!窪田製薬(4596)がストップ高に躍り出ました。

アキュセラ




窪田製薬は数年前にアキュセラショックを引き起こした張本人であり、いろいろと香ばしい銘柄です。
サンバイオショックがあったのに、みんな懲りないな…と感じました。

サンバイオで被弾した人は退場した人が多いと思いますので、サンバイオショックとは別の個人投資家たちが参戦しているのか?それともサンバイオショックでも被弾しなかった上級者か?
いずれにしても、なんとなく飛びついてしまうイナゴや”夢”で株を買っている人たちはボコボコにされるのでしょう。
参加メンバーを変えながら歴史は繰り返しますね。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
長期間持ち続けられる高配当株の6つの特徴と選び方。配当額だけで選ぶと後悔するかも

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから