この2週間ほど好調だった日経平均は、今日は短期移動平均線を割って前日比マイナス171円と調整しました。

日本株はアメリカ株ほどではありませんが、昨年末に大きく下落して以降、今年に入ってからはひたすら上昇し続けていました。
さすがに一休みしたいタイミングなのでしょう。

2月28日

買い目線の投資家からすれば絶好の押し目買いのタイミングになりましたが、明日はどうなるのでしょうか?
今日は2時半過ぎに急落しましたが、いつもならこういうタイミングで日銀やGPIFの旺盛な買い注文が入って下げ止まります。今日はそういった動きが見られなかったので、今後の景気動向を踏まえて株式の保有を躊躇しているのかもしれません。

高値圏ではあるので買いを見送るのも理解できるのですが、いままで強気で買っていた人たちが弱気になったことで今後の相場に変化があるかもしれませんね。
今日は押し目だったのか?それとも下落の始まりだったのか?答えは誰にもわかりません。

trade-aa (8)

なお、「日経平均を一人で動かせる男」は以下のようにつぶやいています。



アメリカではトランプ大統領のロシア疑惑も側近が逮捕されるなどして着実に外堀が埋められていますし、大統領の逮捕は無くても任期終了前に自ら辞任していただく・・・というシナリオは十分考えられます。
アメリカの好景気をけん引してきた立役者が消えた後にどうなるのか?そういったリスクも踏まえたうえで現在の株高や今後の行く末を見定めていきたいですね。

バイオは上げた分だけキッチリ下げる

春のバイオ祭(前夜祭)ですが、今日は昨日や一昨日に上昇した分を取り返すように下げてしまいました。行って来いかよ…。

▼今日のバイオ銘柄(下落率上位)
バイオ

下落率上位は窪田製薬(旧アキュセラインク)。
値動きがあるのはデイトレーダーにとっては好機なのですが、高値掴みをして損切り出来ない方、そのまま塩漬けしてしまう方は触らない方が身のためですね。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
長期間持ち続けられる高配当株の6つの特徴と選び方。配当額だけで選ぶと後悔するかも

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから