昨日とは打って変わって、今日の日経平均は前日比マナイス213円となりました。
再び短期・中期移動平均線よりも下に位置するようになり荒れています。

3月13日

昨日より下がったとはいえ一応2万1,290円と2万1,000円台はキープしていますが、3月末に向けてどう動くのか気になります。

とくに景況感は確実に悪化しており、とくに日本と中国に関しては

「去年より少し悪くなったかも。(でもまだ大丈夫でしょ。)」

↓  ↓  ↓

「去年より悪くなってるね。(でも来月には挽回するでしょ。)」

↓  ↓  ↓

「あれ?なんか少しヤバくね?」

↓  ↓  ↓

「相当悪くなってる・・・」

といった具合です。

日本経済のドンである日銀は「景気は緩やかに回復している」みたいなことを言っているそうですが実態はどうかというと・・・。
日銀にしろ政治家にしろ、彼らは経済政策を失敗したところで何の責任も取らなくて良い立場です。
景気が良くなろうが悪くなろうが給料が満額もらえる人たちは楽でいいなあ…羨ましいなあ…と思いました。

新興市場が活況

今日のストップ高にはゲーム株・バイオ株がランクイン。

ストップ高


ゲーム・バイオは業績が伴わなくても期待感だけで株価が上昇する傾向にあるので「ゲーム・バイオは取引しない」という自分ルールがあるのですが、今日はドリコム、オンコリスバイオ、リボミックがストップ高になりました。

反対にストップ安はMTジェネックだけとなり、仕手株らしい値動きが続いています。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
松井証券の「デイトレ適正銘柄」をトレードする方法

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
長期間持ち続けられる高配当株の6つの特徴と選び方。配当額だけで選ぶと後悔するかも

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

更新情報はこちらから