先月「ガイアの夜明け投資法」ということで、テレビ番組のガイアの夜明けで取り上げられた銘柄は株価が上昇する(かもしれない)ということを書きました。

今日はまさにその「ガイアの夜明け投資法」日和で、7448 ジーンズメイトが特集されるとの期待感から買われ、値上がり率ランキングにも掲載。
後場からジーンズメイトを取引しました。

パソナ ジーンズメイト


ジーンズメイトでは取って取られて成果はマイナス。

ストップ高も視野に入れた取引が行われていたのですが、株価も最後の方で急落したりしていましたね。


2168 パソナグループも同じ時間帯に取引。

こちらは元々取引する予定が無かったのですが、ジーンズメイトと間違えて買ってしまいました。


いつも取引する際は松井証券のトレードツール(ネットストックハイスピード)で発注しているのですが、チャートを見ながら買いタイミングを探り、ここだ!と思った時にすかさず成行注文で発注しています。

このチャートと発注を同じモニター内でおこなっており、松井証券の場合、別々のモニターに分けることができません。

しかも、発注画面もチャートも別の銘柄との切り替えがワンクリックでできるようになっています。

松井証券 画面 トレード



株価の動きが鈍くなってくると、チャート画面に表示させる銘柄をワンクリックで切り替えながら取引タイミングに達しそうな銘柄をリサーチし、いいのが見つかったら発注画面の銘柄を切り替えてから注文しなければなりません。


今回はこの発注画面の切り替えをしなかったせいで、数分前まで取引しようとしていたパソナを間違えて買ってしまったようです。


いつも購入時の株価は下2ケタまでしか見ないので、しばらく間違えたことに気付けませんでしたね。



あれ?なんか松井のトレードツールがおかしいぞ??



と思っていたのですが、





おかしくなっていたのは自分の方でした。




ジーンズメイトは1200円台なので、30万円のトレード資金だと200株買えます。
ところが実際に約定した株の数が100株だったので、別の銘柄を勘違いしていたことに気付けました。


わざわざホームページの方から松井の証券口座にログインして、取引履歴をチェックしたらパソナが買われており、あっ!これアカンやつや!と焦りましたね。


デイトレをするときは、
  • 株価チェックをするチャート画面
  • 取引に使う発注画面
は別々のモニターにして、証券会社も別々にするのがベストかもしれません。

松井証券のネットストックハイスピードはチャートが見やすいのですが、ランキング情報のチェックに使っているSBI証券など、別の証券会社のチャート画面に代用できないか試してみます。

スイング銘柄は継続保有

昨日からの持ち越しスイング銘柄は、陰線が付いたものの5日移動平均線より上で推移していたので継続保有。



今週もお疲れ様でした。

もしよかったらこの下にある「ブログランキング」のバナー画像をクリックしていただけると嬉しいです。
有名なトレーダーさんたちのブログ記事が読めます


ランキングクリックにご協力お願いします!
人気トレーダーのブログに直結しているので、彼らが取引した銘柄やトレード手法もわかります。
↓↓↓


にほんブログ村 株ブログへ