仮想通貨投資の参加者数はこれからどんどん減っていくんじゃないかな?と思ったので、参加者が減る理由と仮想通貨投資がいまから始めても儲からない可能性について。

「手数料負け」するよ!

先日ビットコインFXをやって強制ロスカットをやってしまった、あのGMOコインからメールが来ました。
内容は手数料の変更に関するもの。

ビットコイン 手数料 GMO


どうやら手数料が高くなるみたいですねえ。
特にビットコインの現物売買では、「買い値」「売り値」の差額であるスプレッドが5000円にもなっています。

いま120万円でビットコインを買って、買った直後に売り払った場合でも、いきなり5000円ぶんの損失が発生することになります。

むむむ。。。これは高い…


しかも、これは「最低スプレッド」なので、価格が乱高下する場面では2倍、3倍になることも。
これでは手数料負けする可能性が高くなりそうです。


東大卒レベルの頭脳があれば手数料負けしなくても済みそうですが、凡人には厳しそうな気が…。


取引所は儲かりそうですが、一般個人がビットコインの売買をしても私のように資産を減らすだけになるかも。

スポンサードリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7302540049285616"
data-ad-slot="3314307170">


「税金負け」するかも!

仮想通貨投資で得た利益には「税金」がかかります。
私は税金に詳しいわけではありませんが、給与所得みたいに累進課税されるみたいなので、1億円の利益があった人は利益の半分くらいが税金で没収されます。

私のようなニートは元々所得が少ないのでほとんど関係ありませんが、利益が莫大な人や所得が多い人は、稼げば稼ぐほど不利になりそうです。

また、損失を喰らって年間利益がマイナスの場合、株やFXなどで損失を出した場合は確定申告すれば3年間は損失を繰り越せます(損益通算)。
来年以降3年間は、今年のマイナス分を埋める形で利益を積み上げていけるので、翌年は利益が出ても納める税金は少なく済みます。


ところが仮想通貨投資で出た損失は繰り越せません。

今年がマイナス(損失)で来年の年間利益がプラスだった場合、来年分の利益にかかる税金は、全額キッチリ納税する必要がでてきます。


仮想通貨投資で得た利益が少ない人は気にする必要ありませんが、損失を出している人や所得が多い人は「税金負け」する可能性があるので要注意ですね。

  1. 手数料負け
  2. 税金負け
の可能性があるので、まだ仮想通貨投資をやっている人は注意しないとですね。


く、悔しくなんてないんだからねっ!

投資は「未来の利益に期待してお金を出すゲーム」なので、期待値が少なくなったら撤退するのが鉄則です。

決して、強制ロスカットで退場した悔しさから仮想通貨投資のことを批判しているわけではないですよ!



退場した後に値上がりしてるからって、全然!これっぽちも!悔しくなんかないんだからねっ!




悔し涙 (1)

悔し涙 (2)

悔し涙 (3)





理想↑   現実↓





悔し涙 (4)




仮想通貨投資にうつつを抜かさず、株式投資に精進します…(*_*;