今日は後場から株価監視員をやっていました。
昨日がIPO相場だったので、最近上場したばかりのLTSなどを注視。

後場がはじまった時点では日足が陽線で、おっ!今日もIPOがイケイケの日か!と思ったんですけど、あれっ????気付いたら陰線になってました。

LTS


「IPO銘柄はどこからか無限に売り板が湧いてくる」と誰かが言っていましたが、まさに無限売り板の術が発動したみたいです。
昨日の上昇を前場の盛り上がりがウソのように消え去っていました…。


私が監視し始めた時点で既に相当値上がりしていたので買わなかったのですが、結果的には買わなくて正解だったみたいです。

金曜日・年末、ということもあり、その後もずっと株価監視員に徹しました。

投資は待つことも大事

最近ふと気付いたんですけど、自分は株を買うタイミングが悪く、なおかつ売るタイミングも悪いです。

つまり、いいところが全然ないです。


それで、タイミングがことごとく悪いのはなぜなのかな?どうすればよかったのかな?ということを、考えていました。

で、出た答えが、「自分は”待つ”のが苦手だから、良いタイミングまで取引を待てない。」という考えに至りました。


そうです、私は待つのが苦手です。

行列に並ぶのは嫌だし、5分前行動することもできません。

「1分1秒でも無駄にしたくない」という思いが強すぎて、最適なタイミングまで株取引を”待つ”ことができないんです。

この”待つことが出来ない”という欠点を治せば、良いタイミングで株を買い(もしくは空売りし)、余裕を持って売ることが出来る(もしくは買い戻せる)かもしれません。


ということで、今年の残りの取引と来年の課題は

”待つ”

にしてみます。

もしかしたら待ちすぎて最適なタイミングを逆に逃してしまうこともあるかもしれません。
でも、それはそれでいいのです。
次のタイミングを待ったり、最適な取引タイミングが来ている他の銘柄で取引すれば良いんです。


ザラ場中にチャートやランキング情報を見ていると、ついつい取引しなくなってしまうことが多々あります。
そういうときは冷静になって「今が最適な取引のタイミングか?」を一度考えなおすようにしたいです。


よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

ザラ場情報ツイート中。



 


ランキングクリックにご協力お願いします!
人気トレーダーのブログに直結しているので、彼らが取引した銘柄やトレード手法もわかります。
↓↓↓


にほんブログ村 株ブログへ