確定申告開始!

確定申告のシーズンになりました。
株式投資の場合、「特定口座・源泉徴収あり」で取引している人は、特に確定申告する必要はありません。
取引の度に、証券会社が納税する分のお金を一時的に徴収してくれるので、利用者が自分で納税する必要がないからです。

また、損失が出た際には、さきに徴収されていた税金分のお金を返還(還付)して証券口座に入金してくれます。


「特定口座・源泉徴収あり」の人でも、昨年1年間での損益がマイナスになった場合は、確定申告しておくとメリットがあります。
来年以降、株で利益が出た場合に税金が還付されることがあるので。

この辺の事情については、「株式投資の年間収支がマイナスだった人は「確定申告」すると得するかも」を読んでみてください。




  • 特定口座・源泉徴収なし
  • 一般口座
で取引していた場合は、確定申告が必要になります。

証券会社から郵送、もしくは電子証書としてPDFで閲覧できる「年間取引報告書」などをもとに確定申告し、あとで税務署から送られてきた振込用紙を使って、払っていない税金を自分で納税します。



仮想通貨は利益20万円以上は確定申告

去年は仮想通貨投資をしていた人が多いですが、仮想通貨投資での利益は税法上「雑所得」として扱われます(2018年時点)。

仮想通貨の確定した利益が「年間利益が20万円以上」の場合は確定申告しましょう。

「BITCOINTAX」というサイトを使うと、ユーザー登録不要で年間の損益計算が自動的にできるようなので、仮想通貨投資をやっていた人は使ってみてください。
参考記事:仮想通貨の損益、ドラッグ&ドロップですぐ計算 「BITCOINTAX」無料公開


さきほど「仮想通貨投資の利益は雑所得として扱われる」と書きましたが、これは2018年時点での話になります。
FXもむかしは「先物取引」ではなく「雑所得」で計算されていたらしいので、もしかしたらそのうち仮想通貨投資の損益も先物とか他の分類になるかもしれません。

ただ、現在はまだ雑所得扱いになるので税率がちょっと高いし、損失が出た場合、損失を翌年に繰り越すことができません。

また、
  • 仮想通貨投資用に専用のモニターを購入した
  • 仮想通貨投資のセミナーに参加した
  • 教材を購入した
などの出費があった場合は「経費」にできます。

領収証が残っている場合は仮想通貨投資での利益から経費を引いて、残りを申告することになります。

セミナー会場に向かうための電車賃など、領収証が残っていない場合は100均などで「出金伝票」を購入し、記録を残しておくとよいでしょう。


領収証や確定申告に使った資料は7年間(?)保存しなければならないらしいので、専用のクリアファイルなどに閉じておくといいです。