ここ数日、いつも決まったパターンで株価が動きます。今日も前場上げて、後場下がるパターンに…。


キャプチャ


少しでも株価が上がると、どこからが売りが湧いてきてひたすら下がっていきます。日足で見ると徐々に上がっているように見えるのですが、陰線が目立ちます。

キャプチャ2



「利益が出てるんならいいじゃん!」とも言えますが、調子が良いように見せかけて実は全然調子がよくないという、だまし討ちのような展開です。

10時くらいまでは うおおおおお!!!イケる!今日はイケるぞおおおお!!!!!! と思わせておいて…









uso


やっぱり嘘だったとか酷すぎるだろ…。


北朝鮮リスクが後退

だまし討ちといえば、北朝鮮リスクが後退しました。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長は8日、米ホワイトハウスで記者団を前に声明を読み上げ、金氏がトランプ米大統領との「可能な限り早期の会談」を要請したと発表した。鄭氏によるとトランプ氏は要請を受諾し、「5月までに会談する」と応じた。ホワイトハウスも同日、会談受諾の事実を認めた上で「場所と時期は今後決定する」と明らかにした。

 会談が実現すれば、米朝首脳による直接の接触は史上初めてとなる。北朝鮮の核・弾道ミサイル問題は米朝首脳の直接対話による局面打開に向けて大きく動く可能性が高まった。

 声明によると、鄭氏はトランプ氏に対し、金氏が「非核化」の意思を表明し、「今後は核実験と弾道ミサイル発射を自制する」と約束したと説明した。
(以下略)

米朝首脳が核・ミサイル問題で直接会談へ 核・ミサイル実験自制を表明 トランプ氏「5月までに会談する」

報道によれば、将軍サマが「非核化」の意思を表明し、「今後は核実験と弾道ミサイル発射を自制する」と約束したとかで、今日は防衛関連銘柄の下落が目立ちました。

bouei


北朝鮮はミサイルのニュースを出すことで投資家たちの混乱、もしくは安心感を煽り、日経平均株価を操って莫大な資金を稼いでいるという「陰謀論」があります。

日経平均株価に連動する銘柄を空売り(ショート)したあとにミサイル発射準備をし、市場の不安をあおって株価を下げるように誘導。その後、ある程度下がったところで空売りを利確し、今度は値下がりしていた指数連動銘柄を大量購入。保有枚数を増やしたタイミングでミサイル危機が後退したようなニュースを流し、安心感から株が買われるようになったタイミングで徐々に利確するというものです。

以前はミサイルや核実験のニュースで日経平均株価がよく値動きしていたのですが、
最近はミサイル発射 or 延期詐欺などで市場が耐性を付けてしまい、日経平均株価が全然反応しなくなってしまいました。そのためこれまでとは戦略を変えて、日経平均を操ろうとするのではなく、個別の防衛関連銘柄にターゲットを絞ってインパクトを与え、外貨獲得を目論み始めたのかもしれません。

ある程度防衛関連銘柄が下がったら空売りポジションを解消し、今度は買い漁って再度ミサイル発射情報を流すかも…なんてことを夢想しました。


今後どうなるかはわかりませんが、個人的には平和な時代が続いてほしいと思っているので、このまま将軍サマには大人しくしていてほしいです。



ブログランキング参加中!
クリック↓お願いいたします。




★★★コメント募集中★★★

「どうしてこの銘柄を取引したの?」「君のトレードはココがダメだね。」など、なにかご意見がありましたらコメント蘭でお待ちしています。

この時期に読んでおきたい注目記事

株式投資の年間収支がマイナスだった人は「確定申告」すると得するかも!
2018年の運用方針&投入資金の予定

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

ザラ場情報ツイート中。