昨日は窓を空けて下落した日本株ですが、今日は移動平均線の位置まできれいに戻りました。

キャプチャ

イタリアの政情不安は投資家たちの”過剰反応”という見方で決着が付いたみたいで、為替も株価も債券も一旦は反発して値段が逆方向に動いています。

個人的には「政経ニュースは株価や債券価格を大きく動かして大儲けしたい人たちが、自分たちに都合の良いタイミングで都合の良いニュースを流している」という陰謀論を少しだけ信じているのですが、数日で終わる政情不安なんかをみると、ウソではないような気がしてしまいます。

これからも同じようなことが何度も起こるでしょうが、そのたびに、

これはすぐに終わるニュースなのか?
尾を引いて、数カ月にわたって長引くニュースなのか?

を判断し、良い決断ができるようにしたいです。



ブログランキング参加中!
クリック↓お願いいたします。




★★★コメント募集中★★★

「どうしてこの銘柄を取引したの?」「君のトレードはココがダメだね。」など、なにかご意見がありましたらコメント蘭でお待ちしています。

この時期に読んでおきたい注目記事

株の勉強の一環として「決して売らない銘柄」を買いました
2018年の運用方針&投入資金の予定

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

ザラ場情報ツイート中。