これから本格参戦するにあたり、手数料の安い証券会社を探してみました。
各証券会社の取引手数料の参考情報としてご利用ください。

なお、まだ証券口座を1つも開設していないという方は、こちらのサイトを経由して口座開設すると、現金に交換可能なポイントがたまります。
投資資金に充当することもできるので、これから口座開設する方はご活用ください。

それでは手数料の一覧を見てみましょう。

デイトレ手数料が無料になる「松井証券

松井証券はデイトレ(信用取引)の手数料が無料なのが魅力的です。
ポジションをもったその日のうちに決済すれば、何回取引しても信用取引の手数料が無料になるみたいです。

matui-itiniti

信用取引で日をまたいで株を保有する場合は取引金額が10万円までは無料、30万円以上からは手数料がかかります。


matui-seido


現物取引も制度信用と同じ金額の手数料がかかるみたいです。

matui-genbutu


とりあえずてデイトレは【無料】になるので、デイトレしかしないのであれば松井証券で取引すれば良さそうですね。
松井証券の詳細

ネット証券の先駆け的存在「SBI証券

SBI証券は
  • スタンダードプラン(1回の取引ごとに手数料がかかる)
  • アクティブプラン(一日の取引ごとに手数料がかかる)
の2つの手数料プランが用意されていました。

sbi-standard

sbi-activ

現物取引の各手数料プランを比較してみると、なんか微妙…。

sbi-genbutu

大雑把に言うと、1回の取引で200万円以上の取引をする人は「スタンダードプラン」の方が有利で、200万円以下の資金量で複数の銘柄を一日で一気に買いあさる場合は「アクティブプラン」の方が有利になります。

1回の取引金額が200万円以下の人
一日の間に複数銘柄(複数回)を200万円以上取引する人
は、どちらでも大差なさそうです。

信用取引はこうなります。

sbi-st-shinyo
sinyo-aku
sinyo-sbi-hikaku

スタンダードプランでは「1回の取引金額が5000万円以上」のとき、アクティブプランでは「一日の取引金額が5000万円以上」の場合にそれぞれ翌営業日の手数料が無料になるみたいです。
基本的にはデイトレードなどで一日に何回も取引する人は、アクティブプランの方が有利になりそうです。

SBI証券では他にも外国株の取引手数料が設定されていますが、トレードする予定がないので今回は省略。
SBI証券の詳細

カードのポイントが貯まる「マネックス証券

マネックス証券でも「取引ごとの手数料コース」と「一日定額コース」が設定されています(税抜き価格)。

manex-tesuuryou

「取引ごとの手数料コース」の場合、1回の取引金額が50万円~99万9999円の範囲内に収まるときに限り、パソコンで注文するよりもスマホから注文した方が若干安くなります。

あとは一日定額コースのの注意として、「定額」と書いてありますが実際には「約定金額300万円ごと」に2500円の手数料がかかります。
600万円約定したら、手数料は5000円ということです。

月間の約定金額が20ボックス(1ボックス=300万円、6000万円分)、120ボックス(1ボックス=300万円、3億6000万円分)の取引があると、次からは少しだけ手数料が安くなります。

そのほか、取引で「マネックスポイント」が貯まるので、マネックス系のカードを持っている人にはポイントが還元されます。
マネックス証券で取引するなら、「マネックス・セゾンカード」も取得しておいた方がいいですね。

hangaku-manekkusu
実質的な取引手数料が半額になるくらい、かなりたくさんのポイントが貯まります。
マネックス証券の詳細

手数料無料期間中の「GMOクリック証券

GMOクリック証券でも、「1約定ごと」「一日定額」の2つのプランが用意されていました。

現物手数料↓

gmo-genbutu

GMOクリック証券では2018年1月31日までに新規で口座開設すると、翌々月まで現物取引の手数料が【無料】になります。

gmo-sinki0

現物取引しかしない人は、GMOクリック証券を使うと若干お得になりますね。

そしてこちらは信用取引の手数料↓

gmo-shinyou

大口の投資家向けにVIPプランが用意されているので、資産が「億」を越える人には有利かもしれません。


・VIPプランの条件
以下のいずれかの条件を満たした場合、VIPプラン適用となります。

(1)判定日の大引け時点で信用建玉残高が5億円以上
判定日 毎月20日 ※20日が非営業日の場合は前営業日
※信用建玉残高は、売建・買建、制度信用・一般信用を含めた未決済の建玉の合計額です。

(2)判定期間における日計り信用決済約定代金合計額が5億円以上
判定期間 判定日翌日~次回判定日
※日計り信用決済約定代金合計は、新規建と同一の約定日の信用返済の約定代金の合計額です。現引・現渡は含みません。

(3)判定期間における未決済信用建玉残高の平均が1億円以上
判定期間 判定日翌日~次回判定日(平均は株式取引の営業日ベースで算出)
※信用建玉残高は、売建・買建、制度信用・一般信用を含めた未決済の建玉の合計額です。

(4)判定期間における貸株残高の平均が1億円以上
判定期間 判定日翌日~次回判定日の営業日(平均は株式取引の営業日ベースで算出)

GMOクリック証券の詳細

楽天証券

楽天銀行にも1回の取引ごとに手数料がかかる「超割コース」と「いちにち定額コース」にわかれています。

rakuten-cho


rakutenn-1niti

楽天証券の手数料の特徴としては、
  • 手数料の1%分が楽天ポイントとして還元されること
  • 一日信用取引(デイトレ)は返済手数料が0円になること
です。

元々の手数料が高いのであまりお得感がありませんが、なるべく手数料を安くしようとする姿勢だけは評価できますね。

あとは、大口トレーダー向けのVIPプランがあります。
こちらも資産が「億」に達する人にとっては、有利な手数料体系になっています。

rakutencho-ooguti

section03_table01

杉原杏璃がキャンギャルをやってる「ライブスター証券(旧:アイディーオー証券)」

ライブスター証券では1回の取引ごとに手数料がかかる「一律(つどつど)プラン」と一日ごとに手数料がかかる「定額(おまとめ)プラン」があります。

主要証券会社というイメージがありませんでしたが、意外と穴場的な感じで手数料は安めです。

raibu

raibu-shinyo

【売買手数料が2カ月間無料】らしいので、取引に慣れてきたら使ってみるといいかもしれません。
余談ですが、グラビアアイドルの杉原杏璃がキャンペーンガールを勤めています。
ライブスター証券の詳細

まとめ

ということで、ネット証券会社の手数料を見てみました。
デイトレをするなら一日信用取引の手数料が無料になる松井証券がダントツで安かったですね。

日をまたいでの持ち越しや現物取引をする場合は、利用者の資金量や取引回数によって異なるので「ここが一番!」と断言できないのが残念です。

SBI証券マネックス証券、楽天証券では各会社のポイントが貯まるので、ポイント付与率も参考にしてみてください。

また、GMOクリック証券ライブスター証券では新規口座開設時に限り、数か月間の「手数料無料キャンペーン」を実施しているので、こちらも参考にしてください。
なにはともあれ、株で儲かっても手数料を取られて収支がマイナスになるようなことだけは避けたいですね。


各証券会社の口座開設は、こちらのサイトを経由するのがおすすめです。
現金に交換可能なポイントが貯まるので、あとで投資資金に充当することもできます。

株以外にFXの口座開設でも数百~数千円単位でキャッシュバックされるので、登録だけでも済ませておきましょう。
サイトに登録する