uranai-meigara


以前このブログに書き込んで頂いたコメントの中に、

売らない銘柄を持っておくと
とても勉強になるよ!


というものがありました。

どういうことかというと、何でもいいのでなにか1つ安めの銘柄を保有しておき、株価を毎日チェックすると勉強になるというのです。

勉強になるならということで、私もなんでもいいからとにかく「売らない」銘柄を買ってみることにしました。


毎日1回、定期的に株価をチェックするだけなら
別に買わなくてもできるじゃん
と思う方もいるかもしれません。



しかし、

実際にお金をかけて、自腹を切って買った銘柄 と、
お金を使わず傍観者として見ているだけの銘柄
 
に対する思い入れには雲泥の差があることは、
株をやったことがある方なら誰しも実感しているはずです。

これはデモトレードと同じで、トレードに伴う心理状態を実感できないからですね。



というわけで私も実際に自腹を切って、1銘柄だけ買ってみました。


ストリームを買いました

買ったのは 3071 ストリームという銘柄です。

ストリーム 約定


購入する銘柄をどうやって選ぶかについては「長期投資するなら何を買う?」の後半部分にも記載したようにいろいろ悩んだのですが、結局無難なものにしました。

なぜストリームにしたかというと、

  1. 安い
  2. 優待銘柄として有名
  3. ネットショッピングで優待券が使用できる

という理由からです。

安い株なら上場廃止になった場合でも諦めが付くし、優待銘柄なら株価も下がりにくいです。

また、優待目的で株を購入する場合、自分の居住地の周辺に優待券が使える「お店」がなければなりません。
近所に優待券を使えるお店がなかった場合、「どうせ使えないなら」ということで購入をためらう個人投資家は多いでしょう。

その点、ストリームの優待は店舗が近所になくてもネットショッピングで使用できるので、購入を躊躇せずに済みます。
そういうわけで他の優待銘柄よりも若干有利かと思い、買いました。


優待として「全国のコンビニで使えるクオカード」を出している企業もたくさんありますが、やはり最強の優待は「自社商品」だと思います。

「この会社の商品がタダでもらえるから株を買う」
「この企業のサービスが安く手に入るから株を買う」

投資家たちがこのような心理になるからこそ、株価は下がりにくいのです。


ただ単にクオカードや配当金がもらえるだけなら、「お金だけの付き合い」なので、ちょっとでも株価が下がったら見捨てられます。

  • 金がなくなった途端に彼女からフラれる中年男性
  • 歳をとったら恋人が出来なくなる元・美人の女性
と同じパターンです。

そういうわけでストリームを買ってみたのですが、いまのところ、
かなり勉強になっています。

ストリーム 株価


購入後、含み益が20%を超えたことがあるのですが、普通に保有している銘柄であれば確実に売ってしまっていたでしょう。
「売らない」と決めていたからこそ、ずっと持ち続けることができました。


これまでの私の感覚からすると、含み益が5%を越えたら「もう十分。早く利確しよう。」と早売りしており、そのせいでその後の上昇トレンドに乗れないことも多かったです。

しかしストリームで含み益20%オーバーを経験したことで、早売りする癖が少しは解消できたのではないかと思います。
この勉強方法を教えてくださった方にはとても感謝しています。


これからも色々と勉強になることがあると思いますが、現時点での私の学びや株に対する考えは以上です。
これを読んで「自分もやってみよう!」と思った方は、ぜひ試してみてください。


また他にも勉強になったことがあれば随時この記事に追記し、日々のブログのほうでもお知らせします。

同じ勉強方法を試して「こんな学びがあった!」という気付きがあれば、コメントしていただけると嬉しいです。




ブログランキング参加中!
クリック↓お願いいたします。




★★★コメント募集中★★★

「どうしてこの銘柄を取引したの?」「君のトレードはココがダメだね。」など、なにかご意見がありましたらコメント蘭でお待ちしています。

この時期に読んでおきたい注目記事

株式投資の年間収支がマイナスだった人は「確定申告」すると得するかも!
2018年の運用方針&投入資金の予定

よく読まれている人気記事

デモトレードが「時間の無駄」「無意味」「効果なし」な3つの理由
多くの投資家が勘違いしてる「リスク」の本当の意味と、損切りできない理由の解説
投資の世界に「黄金律」は存在するか?
仮想通貨投資は儲かるか?利益を飛ばす2つのワナを説明するよ!

注目のまとめ記事

【随時更新!】注目のテーマ株・関連銘柄のまとめ
ネット証券会社の手数料を比較 / 一番手数料の安い証券会社のまとめ

ザラ場情報ツイート中。